Published by it on 2015年11月20日

フランスのテロに驚愕

あのフランスで、これだけの大規模テロが起きるなんて想像も出来なかった。テロ集団と現地の警察が合計で2000発もの弾を打ち合ったそうだ。

識者の意見を聞いていると、フランスの闇組織に頼めば、機関銃が日本円で6万円ぐらいで買えるらしい。もしそれが本当なら、フランスはかなりやばい国なんじゃないかと思う。

現地の様子をレポートしてくれる日本人の人がいるけど、今、フランスは、いったいどれぐらいの人種の人間がいるんだろ?

youtubeで見ても、すごい数の黒人がいるし、アジア人の人もたくさんいる。あれだけいろんな人種の人たちがいて、本当に警備がしっかり出来るのか疑問だ。

フランスは比較的、テロ対策については、強力な情報網をしいているから大丈夫だという人がいる。こういう人は公務員の仕事というのが分かっていない。

今までだって、いろんな人種の人たちに対する調査や警戒など、膨大な量の仕事量を警察関係者はやってきたはずだ。それに加えて、今回のテロ。

テロ関係の公務員の人たちは連日の徹夜、サービス残業だと思う。そんなのが、これから、半年、1年と続いたら体がもたんと思う。

イスラム国のテロは、着実におさまっていくと思うけど、フランス国民の様々な職業の人たちに深い傷を残すことは間違いない。これからフランスはたいへんだ。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *