Published by it on 2015年11月30日

テロリズムに対する日本のおそるべき底力

日本の大学教育の惨状は目もあてられない。昼間から酒飲んで授業へ出る学生や、バカみたいに深夜まで遊びまわっている学生ばかりだ。

それに、授業もほとんど出ずに、たまに授業に出れば寝てばかりという状態だ。

しかし、おかしいことに気づく、いろいろと世界の大学ランキングで日本の大学以上に評価が高い大学はたくさんある。それなのに、日本は、今でも、世界一の技術立国だ。

大学の教育がメチャクチャなくせにパフォーマンスは最高になっている。

どうして、こんなことになるかというと、大学時代は、あまり、勉強せずに遊びにがんばることも大事だということを証明しているんではないかと思う。

面白いもの楽しいものは、遊び心から生まれる。だから遊び心を育むという点では日本の大学教育は最高だ。

それに、日本の漫画産業などが、発達しすぎて、日本人のほとんどが電子コミック利用者になっている。だから、電車通勤などしている男性や女性などスマホでみんなBookLive!コミックなどで配信されている人気漫画を楽しんでいる。

こういうところに日本の底力があるかもしれない。

最近は驚くことに、家庭の主婦までもが、電子コミックに夢中だ。闇金ウシジマくんのような一昔前には考えられなかったような青年コミックを主婦まで楽しむようになっている。

こういう日本のようなコンテンツ大国から、テロリズムに対抗できるような、すごいシステムが生まれるにちがいない。

そんな日本のインターネット環境の中、unextがとんでもないサービスをユーザーに提供し始めた。

2000円程度で、unextに登録さえすれば外国映画や日本映画はもちろん、主要な雑誌や漫画などが見放題のすごいサービスだ。

このサービスはそのまま軍事転用できるすごいサービスだと思う。

日本の会社は本当にすごい。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *