Published by it on 2015年12月14日

インドとの原子力協定

インドとの原子力協定が結ばれた。これは喜ばしいことだと思う。中国を仮想的にした1つの軍事協定だと考えればいいと思う。

これからインドとは、いろんな技術の交換などをやって両国が経済大国となれるように助け合いながら経済運営を進めていけばいい。

それでも気になるのが、日本の新幹線が導入されることだ。技術が盗まれるだとか、そんなことを気にするつもりはないけど、支払いは大丈夫なんだろうか?

新聞などは見ると、0.1%の金利で50年のローンでインドが日本へ支払うらしい。今インドはかなりの不況で困っているらしいけど、おそらく、支払いは約束通りにいかないのだろうと思う。

それでも、軍事面やいろんな外交上の情報交換などで、お金では得られないぐらいの何かを得られると日本政府は判断したんだと思う。

1兆円以上の大型プロジェクトなのだから、しっかりと有効に使ってほしい。

日本政府も、国外だけでなく、来年にかけて国内でも大型の景気対策をぜひ打ってほしい。やっと新しい産業が芽を出し始めた今こそ、減税政策をとるべきだ。

特に最近、注目なのは、フェラAVのようなAVマニア向けのアダルトビデオ作品などが大人気となっていることだ。

このような商品が開発されるということは、民間の力が蘇ってきた証拠だ。今こそ、子育て減税や教育減税もしくは、オタク向け商品などに対する広範囲な大型減税などで低所得者にやさしい政策を積極的に打ってほしい。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *