Published by it on 2016年1月6日

北朝鮮の水爆実験

北朝鮮が水爆実験をやったそうだ。この実験についてはいくつかの疑問が残る。1つは本当に水爆なのか?今のところ各国の情報関係者は、水爆の可能性は低いと見ている。

水爆を完成させるにはかなりの技術がいるらしい。北朝鮮にそれだけの技術があるのか疑問との声が圧倒的だ。

それから何のためにこの時期に水爆実験をやったのかという時期の問題もある。この問題については、中国との関係に深刻な溝が生じたことがあげられる。

「中国よ、なめるなよ」

と北朝鮮がやったのだとしたら、本当にあの2国間の関係はやくざの世界そっくりだと思う。

こんな国の人たちと日本人はつき合わなければいいのだが、日本には北朝鮮拉致問題という重大な問題を抱えている。

だから、日本は、こういう国の人たちに負けないように圧倒的な技術力で軍事戦略を練っていかなくてはならない。そのためには頭がよくて、創造性のある柔軟な発想力のある人物の育成が重要だ。

そのためには、つめこみ教育だけではなくて、新しいものを生み出す力を養う社会作りをしていかなくてはならない。

最近のスマホの普及により、日本では、電子コミックが大ブームになっている。

特にアダルト関連の電子コミックは頭を柔軟にするためにすごくいい教材になると思う。

いろいろ批判はあるだろうが、日本政府はこれから10年くらいはあまりアダルトコンテンツに神経質にならないで素直に人気アダルトコンテンツを普及させるべきだ。

まろん☆まろんの何かいるっ!!!のような人気アダルト電子コミックは日本人の頭を柔軟にするし新しいものを生み出す能力を養うにはすごくいいトレーニングになると思う。

日本の防衛政策を充実させるためにも日本は電子コミック大国になるべきだ。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *